Entry

カテゴリ: お知らせ

SCP(学生副学長)と衛生士専門学校生が当別アパート組合との懇談会に参加しました

平成24年11月22日(木)、当別町の田西会館にて当別アパート組合様との懇談会が開催されました。

当日は当別町在住者を含むSCP(学生キャンパス副学長)4名と歯学部附属歯科衛生士専門学校学生2名、小田薬学部学生部長、岡橋歯学部附属歯科衛生士専門学校専任教員、学生支援課員が本学より参加し、松岡組合長様ほか当別アパート組合の方々10数名と活発な意見交換を行いました。
本学学生たちの積極的かつ具体的な意見に対し、参加された当別アパート組合の方々より、「大変参考になる意見がきけた有意義な懇談会となった。」との言葉を多数いただきました。
本学の所在地・当別町には約700人の学生が住んでいます。今回のような大学と地元のアパート組合との交流は全国でもあまり例がなく、こうした交流により、本学学生の住環境の更なる向上につながる貴重な機会となっています。

20121126-1.png

20121126-2.png

20121126-3.png

2012 SCP(学生キャンパス副学長)任命式・2011 SCP報告会が開催されました(北海道新聞10/24朝刊記事掲載)

10月23日(火)、2012 Student Campus President(学生キャンパス副学長)任命式が行われました。

薬学部、歯学部、看護福祉学部、心理科学部から選挙により選出されたSCPに対し新川学長から任命状と専用ブレザーが手渡され、激励の言葉を頂きました。

引き続き、2011年度SCPの活動報告会及び2012年度SCP懇談会が開催され、東郷理事長・新川学長ほか、各学部学部長・学生部長同席のもと、SCPからの活動報告や自己紹介などが行われました。
報告会では、大学所在地の当別町や商工会との連携にて実施された様々な活動内容などについての報告がありました。
また2012年度SCPには東郷理事長から激励の言葉を頂きました。

SCPは、より良い大学づくりのために学生代表が教職員とともに各種プロジェクトの企画・立案を行い実施する、全国でもめずらしい北海道医療大学独自の制度です。
今年で5代目となるSCP。その多岐にわたる活動は、全国から大変注目されています。

SCP活動状況については、随時、SCPホームページやブログにて報告いたしますので、ぜひともご覧ください。

なお、上記報告会・懇談会の模様が、北海道新聞10/24道央版朝刊に記事掲載されました。

(画像)
・前列左から2012年度SCPの薬学部1年の小野寺太助さん、歯学部歯学科2年の大平 禎さん、新川学長、看護福祉学部臨床福祉学科2年の下房地 宏さん、心理科学部臨床心理学科3年の内村 元さん。後列左から和田薬学部長、有末歯学部長、野川看護福祉学部長、中野心理科学部長、大野理事)

※ 報告会で活動報告をする2011年度SCPの薬学部3年の坂田紫帆さんと歯学部3年の清水 綾さん。

※ その他、報告会・懇談会の様子です。

20121023-1.png

 20121023-2.png

20121023-3.png

20121023-4.png

20121023-5.png

 

第5期SCP選挙の投票結果について

第5期SCP選挙について、以下の通り、ご報告いたします。

 

〇薬学部      1年 小野寺 太助  ≪信任≫
〇歯学部      2年 大平     禎  ≪信任≫
〇看護福祉学部       2年 下房地    宏    ≪信任≫
〇心理科学部            3年 内村       元    ≪信任≫

10月23日(火)、任命式にて新川学長より任命状とブレザーの授与が
行われる予定です。

第5期SCP(薬学部)の選挙を開始します。

第5期SCPの選挙を開始します。
投票ページより、ご投票よろしくお願いいたします。
期間は、10月19日(金)9:00~ 22日(月)9:00までとなっております。

結果については、10月22日発表予定です。

投票ページ

学生交流イベント「キャンパスカンファレンス」開催のご案内

この度、私たちSCPは活動の一環として、下記のとおり、「キャンパスカンファレンス」と題して、学生交流イベントを企画いたしました。

 本取り組みは、SCP活動の目的のひとつである「よりよい学生生活の実現」を具体化させていくために、学生が自らの意見を発信する場の提供、また学業とは異なる視点から学びを深め、学生自身の気づき、成長を促す場を提供することを主旨としております。

今後、継続して定期的に開催する予定としており、この取り組みを契機として、学生活動の賦活や教職学の協働、そしてそれぞれの声を反映させた大学づくりが実現できることを目標として活動していきたいと考えております。

詳細は、キャンパスカンファレンス専用ページでご確認ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

チャリティー書籍販売を行います(東日本大震災被災地支援)

私たちSCPはおよそ1年前の東日本大震災直後から、被災地支援として、募金箱の設置や街頭募金などの活動を行ってまいりました。

この度、当別アパート組合様のご協力を得て、書籍(教科書や問題集及び小説や漫画など)のチャリティー販売を企画しました。 

 必要なくなった教科書や問題集、処分を考えている漫画などを私たちに譲って頂けないでしょうか?

 本チャリティー販売で得た収益は全て寄付し、被災された方々のために使われます。

 皆さんの温かなご協力を宜しくお願いします。 

★回収方法

① 学内下記の場所にボックスを設置して回収しています。

  ・ 看護福祉学部ロビー

  ・ 薬学部ロビー(コピー機横)

  ・ SCP室前

  ・ 心理科学部1階ロビーSCP室前

   ★ 設置期間:3月19日(月)まで(3月16日(金)除く)

② 当別ふれあい倉庫への直接持ち込みも可能です。

  ・ふれあい倉庫 当別駅南口すぐ 9:00~19:00

   ★ 持込期間:4月14日(土)まで ※月曜日を除く

③当別町商工会への直接持ち込みも可能です。

  ・当別町商工会  当別町錦町1248番地(ENEOS向い) 8:45~17:30

   ★ 持込期間:4月12日(木)まで ※土日祝日休み

★ 販売イベント   ふれあい倉庫にて下記の日時で開催いたします。 

  4月7日(土)14:00~17:00

  4月8日(日)14:00~17:00

  4月13日(金)17:00~19:00

  4月14日(土)14:00~17:00

  4月15日(日)14:00~17:00

「054Time!~学生交流会 in 札大~ 」に参加してきました

2月11日(土)、札幌大学で行われた学生FDのイベント「054Time!~学生交流会 in 札大~」に、SCP 4人(3期1名、4期3名)が参加しました。

交流会では、「大学の講義をよくするためには」をテーマにグループディスカッションが行われ、活発な意見交換が行われました。

(SCPより)

 このイベントには、道内の大学だけでなく、大阪大学や立命館大学といった遠方からの参加者も多数で、普段交流する機会のない他大学の学生および教職員の方と交流することができました。

 今回は、全部で6つのグループに分かれ、「大学の講義を良くするには?」とのテーマのもと、各自が自由に考えを出し合い、そこから導き出されたものを映像にして発表するというグループワークを行いました。

 私のグループでは教員と学生間のコミュニケーションが重要ではないかと考え、それぞれの実体験をもとに映像作品を作っていきました。意見を交わし生まれた意見を前に、どのように映像化していけばいいのか最初は戸惑いましたが、撮影を始めるとまた新たなアイディアが次々に浮かんで、みんなで楽しみながら一つの作品を作り上げることができました。映像を作る、という共同作業を通し、グループ間の距離が一段と縮まったような気がします。

 私たちのグループではコミュニケーションに着目しましたが、各グループの発表は実に個性あふれるものでした。新入生へのサポートを厚くするというような学生間の交流に重点をおいていたり、また授業への学生のモチベーションを高めるため1単位あたりの授業料はいくらなのか知ってもらうなどといった案もあり、どのグループの発表も大変興味深かったです。映像作品としてのまとめ方もユニークで、どうやって撮影したのかと声をあげたくなるような技術が盛り込まれている作品もありました。また、同じテーマを扱っていてもまったく違う視点からの映像となっていて、最後まで感心の連続でした。

 自分とまったく違う価値観に触れられる機会というのは貴重です。今後、また札幌でこのようなイベントが開催される際には興味のある学生の参加を募るなど、もっとこうした学生活動の面白さを知ってもらい、医療大における学生FDの活動を活発化していけたらと思います。

 第4期SCP 心理科学部 言語聴覚療法学科 上山智美

 

20120217-1.jpg 20120217-2.jpg

SCPサイトをリニューアルしました

 scp_site_renewal.pngSCPサイトをリニューアルしました。

 新SCPサイトは携帯電話にも対応しております。 引き続きSCPサイトをよろしくお願いいたします。

 

「東日本大震災」募金のご報告と御礼

多くの皆さまから、被災者の方々への義援金をお寄せいただきまして誠にありがとうございました。

 

平成23年3月14日から募金活動を行ってまいりましたが、募金箱の設置について7月31日で終了させていただきました。

皆さまからお寄せいただきました義援金は、合計82万7538円となりました。

お預かりした義援金は当別町社会福祉協議会を通じて被災者の方々へお届けいたします。

今後もSCPは新たに就任したメンバーとともに被災者の方々への支援を継続していく予定です。その際はまた皆さまのあたたかなご支援を宜しくお願いします。

被災地の一日も早い復旧をお祈りしますとともに、ご協力いただきました皆さまに心から厚く御礼申しあげます。

平成23年9月1日
北海道医療大学 Student Campus President

学生FD会議に参加してきました

9月3日(土)、FDネットワーク ”つばさ ” 学生FD会議が、山形大学 小白川キャンパスで行われました。

 

FDネットワーク ”つばさ” とは、東日本地域の大学等が連携しながら、授業改善、カリキュラム・教育制度改革などを実現し、各大学等がそれぞれ特色のある魅力的な教育を開発することを目標とした組織で、山形大学が中心となって運営されています。

その活動の一環として、学生FD会議が毎年開催されており、全国から集まる学生・教職員が一緒になって、テーマをもとに討論・発表を行う形で行われています。

今回は「東日本大震災とわたしたち」というテーマで開催され、北は北海道、南は岡山県から多くの学生・教職員が集い、また被災地である宮城県、福島県から参加された方もいました。

実際に被災された方の体験を聞き、震災の深刻さを肌で感じ、これから学生としてどうしていくか、多くの討論を経て様々な考えを得ることができました。

この貴重な経験を生かし、今後のSCP活動にさらなる幅を広げていければと思います。

Pagination